奥道後 壱湯の守 ~本館紹介編~

IMG_3899
IMG_3904

愛媛県松山市末町267

ここ、奥道後 壱湯の守は2014年7月2日にオープンしたものですが、それ以前はホテル奥道後という名称で1963年より営業していたようです。建物は1963年から存在するものと思われます。

11月16日から17日にかけて滞在しました。

IMG_3614

この建物は地形の関係で以下のようになっています。

  7階:客室、別館(カメリアビレッジ)への連絡通路
  6階:客室
  5階:客室、フロント
  4階:メインロビー、坪内記念館、売店、整体、バイキング会場、キッズコーナーなど
  3階:客室
  2階:客室、瀬戸の間、白翁の間、露天風呂「翠明の湯」
  1階:露天風呂付客室
地下1階:貸切露天風呂、足湯
があります。

7階

IMG_3626

客室前の廊下の様子です。

IMG_3630

エレベーターホール(フロントに近い側)です。3台あります。

IMG_3629

このように従業員がいる場所もありますが、常時不在でした。

IMG_3628

エレベーター付近に自販機があります。右側の扉(自動ドア)の先に別館(カメリアビレッジ)への通路があります。

IMG_3704

こちらはフロントから遠いほうのエレベーターです。2台の設置です。

5階

IMG_3794

フロントの様子です。もともと別の場所にフロントがあったのをこの場所に移設したのかあまり広くありません。(フロントとメインロビーが違うフロアーにあったりと違和感のあるつくりからそう思いました)
チェックイン、チェックアウトの手続きはこちらで行います。

余談ですが今回はケータイの充電器を前泊した実家に忘れてきてしまったのですが、客室への貸し出しはなく、フロントでの充電となりました。このホテルに泊まる際はちゃんと充電器を持ったか確認しましょう。

IMG_3795

左側の階段を降りると4階のメインロビーに行けます。

IMG_3863
IMG_3864

浴衣コーナーです。部屋内に浴衣の備え付けはないのでこちらから持っていくことになります。ちなみに一部、旧ホテル名のホテル奥道後のロゴが入ったものもありました。

IMG_3712

こんな地図もあります。ここがもともとは大きなリゾートホテルであったことを物語っています。

IMG_3713

飾り物もあります。

IMG_3708

5階のエレベーターホールです。

IMG_3707

ここにも自販機があります。ちなみにエレベーターホールより奥は客室になります。

4階

IMG_3716

メインロビーへと通じる階段です。(5階から撮影)

IMG_3717
IMG_3718

階段には自転車が飾ってあります。(これってマウンテンバイク?これ系には疎いので…)

IMG_3788

この階段の上にフロントがあります。

IMG_3748
IMG_3752

メインロビーです。なかなか雰囲気がいいです。

IMG_3750
IMG_3751

椅子やテーブルがレトロな感じです。

IMG_3902
IMG_3874

朝の様子です。朝は朝できれいな景色を眺めることができます。

IMG_3753

ホテルのもっとも奥側(フロントから遠いところ、松山市街地より)には坪内記念館(このホテルの来島どっくグループの創業者の坪内寿夫について)があります。

IMG_3790
IMG_3789

この他、売店や

IMG_3741

ねじまき百貨店

IMG_3745
IMG_3747
IMG_3749

Bar4st(バー)

IMG_3719

広いスペースが確保された喫煙室、

IMG_3720

リラクゼーションサロン、

IMG_3724
IMG_3723
IMG_3722

バイキング会場「桜の間」の出入り口があります。

IMG_3725

さらに通路を進んでいくと

IMG_3726

通路の終点部分に

IMG_3729
IMG_3727

キッズルーム

IMG_3728

使われていないと思われる別館(カメリアビレッジ)への通路があります。

2階

IMG_3771

白翁の間

IMG_3883
IMG_3769

瀬戸の間があります。

IMG_3770

2階には露天風呂「翠明の湯」への通路があります。

翠明の湯

IMG_3772

この自動ドアの先に露天風呂への通路があります。露天風呂の案内しか出ていませんが、内風呂もあります。

IMG_3773

「翠明の湯」と書かれた旗のようなものがあります。

IMG_3774

説明書きです。

IMG_3848
IMG_3849
IMG_3850
IMG_3851
IMG_3852

とても長い通路を歩いていくと

IMG_3853
IMG_3854

湯上りに休憩できるスペースに出ます。
写真の先に見える自動扉の先には

IMG_3776

喫煙所があります。

IMG_3855

更衣室は休憩スペースより1つ下の階にあります。
この階段の部分で男女に分かれます。左側が女湯、右が男湯です。

IMG_3857

階段の下に男女の脱衣所があります。

岩湯です。

こちらは絹の湯になります。

こちらが三寿の湯です。

これらが露天風呂になります。

※場所柄、撮影するわけにいかないので公式ホームページのほうから画像をお借りしました。

玉肌の湯です。内風呂になります。

※こちらも公式ホームページから画像をお借りしました。

露天風呂と内湯は脱衣所からのアクセスが異なります(出入口が異なります)。

内湯は脱衣所から1フロアー上がったところにあります。露天風呂は脱衣所から階段を下った場所にあります。

シャワーは内湯にも露天風呂にも備え付けられていますが、冬場などはヒートショックや風邪をひく恐れがあるので露天風呂でのシャワーはおすすめできません。内湯でシャワーを浴びるほうが良いと思います。

1階

IMG_3792
IMG_3793

露天風呂付客室があります。他の階とは違って豪華な雰囲気がします。

地下1階

IMG_3777

エレベーターを降りてすぐの場所で靴を履き替えて

IMG_3778
IMG_3780
IMG_3779

右側に行くと貸切露天風呂があります。

IMG_3781

正面には足湯があります。(屋外)

IMG_3782
IMG_3783

足湯の様子です。

IMG_3784
IMG_3785

目の前を流れる石手川を眺めることができます。

IMG_3786
IMG_3787

足湯には喫煙所もあります。

2 件のコメント

    • >>トイレマニアさん
      写真には写っていませんが、露天風呂の横を川が流れてるので景色が良かったです。
      ここのお風呂はお勧めです。近くを訪れたら入ってみることをお勧めします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です